このままではマズイ!?賢い住宅ローン借り入れ入門

人気アプリゲーム


【無料】一瞬で各種住宅ローンを比較する方法

住宅ローン入門,口コミ,住宅ローン借り換え

効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法を知りたくないですか?

無料シュミレーションはコチラから

 

住宅ローンの見積りは、ネットで簡単に知ることができます。

 

住宅ローン一括見積サービスを使う具体的なメリット

 

賢い住宅ローン借り入れ入門

 

住宅ローンなんてどこで組もうが同じじゃないの?

NO!住宅ローンの金利や手数料等は各金融機関によって大きく変わってきます!

 

人生に一度の大きなお買い物になるかもしれない住宅購入。そして人生最大の借入になるかもしれない住宅ローン。どちらも慎重にに選びたいものです。

 

私は30歳の時にマイホームを購入し住宅ローンを組んだのですが、下調べせず不動産会社に言われるまま住宅ローンを組んでいました。

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン 借金 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資


その結果15年経ってもなかなか元金が減らないオマケに不況の影響で給料も減り住宅ローンの負担が大きくなって悩んでいましたので

 

住宅ローンについて色々と調べてみると、知らないと損をしている事が多々ありましたので45歳にして思い切って住宅ローンを借り換えました。

 

お陰様で今では安定して返済が出来ており返済もあと数年で完済出来そうです。

 

賢い住宅ローン借り入れ入門書では人生最大の住宅ローンの借り入れに失敗しないよう住宅ローンの基礎知識や住宅ローンの借り入れのポイントなど、初心者の方でも分かるよう解説していきますので、このサイトをご覧頂き少しでもお役に立てれば幸いです。

 

住宅ローンで失敗しないポイント

 

マイホームの購入をする時、よほどの金持ちじゃない限り購入金額に応じて住宅ローンを組む方が大半であると思います。

住宅ローン借入ポイント


そこで、住宅ローンで失敗しないポイントをご紹介します。

 

住宅ローンを組む前に返済シュミレーションを出して貰い、購入後の返済金額が、購入前の居住費と同じ金額なら、マイホームを買っても今の生活コストは変わらないでしょう。

 

よってマイホームを買った後も、今の住居費と同じ程度の負担で済めば生活水準を保つことができると考えて良いと思います。  

 

今の住居費には、家賃のほか共益費や住宅購入用に積み立てている金額を加えておいたほうがより具体的です。

 

購入後は住宅ローンの返済額だけでなく、マイホームの管理費や修繕積立金、税金などがかかりますので、これらの住居費を年間の合計額で計算すれば、無理のない借入額の目安が出せると思います。

 

>>効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

>>2015年度住宅ローン金利市場