住宅ローン審査について

人気アプリゲーム


【無料】一瞬で各種住宅ローンを比較する方法

効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法を知りたくないですか?

無料シュミレーションはコチラから

 

住宅ローン審査について

 

家や土地を購入するときキャッシュで家や土地を購入出来る人はお金持ちでしか出来ませんよね。

 

大抵の人は住宅ローンを組んで家や土地を購入しています。    

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン審査 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資

 

住宅ローンを組む時には審査が必ずあります。

 

住宅ローンの審査に通らなければマイホームを買うことができません。

 

そこで、今回は住宅ローンの審査の基準や期間について説明します。

 

住宅ローン審査について住宅ローン審査の流れ

 

一般的な住宅ローン審査の流れは以下の通りです。

 

購入する土地・建物を決める

 

住宅ローンの申込

 

事前審査(1-3週間程度)

 

工事請負契約もしくは売買契約

 

本審査(1週間程度)

 

住宅ローンの契約

 

住宅ローンの実行(お金を受け取る)

 

 

という流れになります。
「事前審査」「仮審査」<「本審査」があります。

 

それぞれの違いについて補足説明していきます。

 

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン 借金 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資事前審査とは

 

住宅ローンの契約にはハウスメーカーや工務店との工事請負契約や売買契約書が必要になります。
但しせっかく購入者とハウスメーカーや工務店さんが事請負契約や売買契約書を結んだとしても住宅ローンの審査が通らずお金が借入出来なかった場合、買う側、売り側の両方が時間の無駄になってしまいます。

 

そこで、工事請負契約や売買契約をする前に、住宅ローンに通るかどうかを事前に確認しておく審査を事前審査といいます。

 

住宅ローンの事前審査の重要チェック項目
事前審査ではどんな項目をチェックされるのか解説していきます。

 

完済時年齢:構成比99.4%

 

完済時年齢とは住宅ローン完済時の年齢 は殆どの銀行で80歳未満と条件を設定しています。

 

返済負担率:構成比97.9%

 

これは年収に占める住宅ローン返済の割合です。一番多いところで35%以内となります。つまり、住宅ローンの返済負担率が35%を超えているような申し込みであれば審査に落とされる可能性は高いということになります。

 

勤続年数:構成比96.6%

 

現在お勤めの会社に何年勤めているかです。一番多い回答は勤務年数1年以上でした。

 

つまり、勤務年数が1年に見たない場合は住宅ローン審査に落とされる可能性が高いということになります。

 

年収:構成比95.6%

 

現在お勤めの会社の税込みの年収です。最低でも100万円以上としている銀行が多く、150万円以上ないとダメだとしている銀行が最も多いです。

 

担保評価:構成比95.5%

 

担保評価とは、購入する予定の土地や建物の評価額です。銀行は住宅ローンを払えなくなった場合には土地と家を差し押さえてきます。

 

「自分が買った土地と建物だから誰にも渡たすものか!」といった所で無駄です。住宅ローンを完済させないと自分の持ち物にはなりません。

 

銀行は住宅ローンを払えなくなった場合に差し押さえても価値がないと意味がないので、価値が有るかどうかも住宅ローンの審査に影響します。

 

健康状態:構成比95.1%

 

これは団体信用生命保険に加入できるだけの健康体であるかです。

 

住宅ローンを組んで直ぐに病気で亡くなったのでは本来見込める金利取れず保険で完済される事になるので銀行も利益が取れなくなるからです。

 

融資可能額(融資率):構成比94.4%

 

融資率とは、購入する物件に対して何割住宅ローンで賄うかということです。

 

例えば、土地と建物合わせて4000万円、住宅ローンの借入額が3200万円なら融資率は3200万円÷4000万円で8割となります。

 

調査結果で一番多かった回答は100%以内です。つまり、土地と建物を合わせた金額を丸々借りることが可能です。
住宅ローンの事前審査にかかる期間とは?

 

銀行や金融機関によって違いますが、概ね1週間から2週間程度。長くても3週間くらいだと思います。

 

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン 借金 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資仮審査とは

 

フラット35には事前審査は無い

 

フラット35には事前審査はありません。フラット35取り扱いの銀行や金融機関が収入や借入額の目安、融資率が9割を超えていないかどうかを確認する独自のサービスが仮審査です。

 

フラット35の審査は全て住宅金融支援機構が行っています。

 

フラット35取り扱いの銀行や金融機関が返済負担率や融資率をチェックしたあと住宅金融支援機構に書類を送り、そこで審査が行われます。

 

フラット35の仮審査時に審査される項目

 

返済能力(返済負担率の基準をクリアしているか)

 

物件の担保価値

 

この2つをメインで審査します。この仮審査をクリアすれば本審査に進みます。

 

フラット35の本審査で審査される項目

 

 

仮審査の時から新たに借金が増えていないか

 

仮審査の時から転職や失業をしていないか

 

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン 借金 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資 住宅ローンの本審査

 

事前審査は銀行がしていましたが。本審査は保証会社がしています。

 

保証会社とは、住宅ローンを払えなくなった時にあなたに代わって銀行に住宅ローンを支払ってくれる保証会社です。

 

保証会社も当たり前ですが住宅ローンをきちんと支払っていける人なのかどうかを審査します。

 

また事前審査と抑えところが違うので、審査基準も変わってきます。つまり事前審査が通っても本審査でNGになったり、借入金額が削減されるということもあり得えます。

 

住宅ローン本審査にかかる期間

 

これもすんなり審査が進めばほとんどの場合1週間程度で結果が出ます。ただし追加で必要になる書類を求められたり書類に不備があったりすると、その分時間がかかります。

 

>>住宅ローンの種類

 

>>効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加