住宅ローンの種類

人気アプリゲーム


【無料】一瞬で各種住宅ローンを比較する方法

効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法を知りたくないですか?

無料シュミレーションはコチラから

 

住宅ローンの種類

 

住宅ローンには大きく分けて 「民間融資」「公的融資」「協調融資」という3つの種類があります。

 

住宅ローンは民間ローンを中心に商品の種類が豊富の為、自分に合った住宅ローンを見つけるためにも、金利差や付加サービス内容など、いろいろと情報収集をしたほうが望ましいです。

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン審査 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資

 

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン 借金 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資 銀行ローンを中心とする「民間融資」

 

民間の住宅ローンといって一番に想像できるのが、各銀行による住宅ローンです。

 

皆さんも住宅ローン=銀行だと思っていませんか。

 

各銀行ごとに所定の条件を満たす場合、店頭金利より低い金利が適用される特典など、魅力的な商品が登場しています。

 

例えば、手続きをすべてネット上で行うことで手数料などの諸費用を抑えたものや、自社や関連会社のサービスに連動してさまざまなメリットを受けられるものなどがあります。

 

普段からよく利用するサービスに連動したものがあるなら、利用を検討しても良いでしょう。

 

銀行以外にも、住宅ローン専門会社や生命保険会社などが取り扱う民間融資もあります。

 

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン 借金 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資自治体などの公的機関による「公的融資」

 

「公的融資」は財形融資と自治体融資の二種類に分けられます。

 

文字通り民間による融資ではなく国や自治体が行っている融資となります。

 

「財形融資」

 

財形融資は、勤務先で財形貯蓄を1年以上行っていて、残高が50万円以上ある人が利用できる融資。財形貯蓄の10倍、最高4000万円まで借り入れできるほか、民間融資やフラット35と併せて利用できたり、同居予定家族が複数申し込みできるといった特徴がある。

 

まずは利用できる制度について、勤務先に確認してみた方が良いでしょう。

 

「自治体融資」

 

都道府県や市町村が独自の融資制度を行っている場合もあります。

 

直接、自治体が融資を行うタイプのほかに、所定の金融機関での借り入れ利子を一定期間補給するタイプなど、内容も自治体によって違います。また融資制度がない自治体もありますので、地元の自治体に直接問い合わせてみた方が良いでしょう。

 

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン 借金 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資 「協調融資」

 

完済まで固定低金利が魅力の「フラット35」

 

住宅金融支援機構と民間金融機関との連携で行われる融資。窓口になるのは民間金融機関で、金利も金融機関によって異なります。

 

長期間固定金利が特長となる商品で、金利も銀行等の長期固定金利より低めに設定されているのが特徴です。利用できる物件についての規定があり、省エネ性能、耐震性、バリアフリー性や耐久性・可変性といった4つの性能による技術基準を満たせば、一定期間金利引き下げが受けられる「フラット35S」の申し込みもできます。

 

>>知ってると得をする住宅ローン6つの常識

 

>>効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加