住宅ローンの借り換えの心構え

人気アプリゲーム


【無料】一瞬で各種住宅ローンを比較する方法

効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法を知りたくないですか?

無料シュミレーションはコチラから

 

住宅ローンの借り換えの心構え

 

景気がよくなり、金利が上昇していくかもしれないという時期に、すでに住宅ローンを組んでいる人は、どうすればよいのでしょうか。

 

収入やボーナスが増えたのだから繰り上げ返済をしたほうがいいのではないかと思う人もいるようだが、繰り上げ返済はその分元金が減るだけで金利上昇には直接対抗できるわけではないのです。

 

お金300万円と教育資金のためにそれまで貯めてきた分は除き、それ以上の貯蓄がある場合には繰り上げ返済に回してもいいでしょう。しかし、40〜50代で子どもに教育費がかかる世代は、そもそも繰り上げ返済に回せるような余裕はそれほどないはずです。

 

それよりも住宅ローンを借りている人が、今検討すべきなのは「借り換え」がベストであることを認識して欲しいです。

 

固定金利タイプの中でも、一番競争の激しい10年固定金利が1.3〜1.5%程度と、ここ数カ月史上最低水準にあるため、今のタイミングが絶好の借換時期です。

 

借り換え時は計画性を持つ

 

住宅ローンの借り換えをする度に諸経費も掛かりますし、現実そう何度も借り換えする事は出来ません。

 

以上のことより慎重になって借り換え先を探す事が大事です、確実に返済できる金額での返済プラン、そして、何年で借用金額を返済すると言った計画を立てることが大切です。

 

借り換えは難しい事ではない

 

借り換えは、住宅の新規購入時とは異なり借入希望者が直接金融機関に借り入れを申し込むケースがほとんどです。

 

必要書類は申込人自らが揃える必要がありその必要書類も金融機関によって異なりますが、基本的には金融機関の担当者の指示に従えば難しいことはありません。

 

民間ローンはここ数年、住宅金融公庫廃止をうけて金融機関によりさまざまな商品が登場してきています。

 

申込資格はあるか、金利タイプはどうか、手数料体系など商品性について事前に確認されることをおすすめします。

 

また、審査に要する時間や借り換えの実行に至るまでの必要日数もまちまちですので余裕をもって検討しましょう。

 

借り換えの際の諸費用

 

借り換えは新しくローンを組むので当然諸費用が必要になります。

 

諸費用の主な内訳は、保証料、抵当権抹消費用、登録免許税、司法書士手数料、融資手数料、印紙代等です。

 

金額は、金融機関によってはもちろんのこと、保証料がかかる場合には借入金額や借入期間によっても変わる場合があります。

 

保証料がかからない金融機関の場合は、総額で20万〜30万円くらいにが目安なります。

 

>>住宅ローン人気ランキングベスト3

 

>>効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加