住宅ローン審査を通しやすくするコツ

人気アプリゲーム


【無料】一瞬で各種住宅ローンを比較する方法

効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法を知りたくないですか?

無料シュミレーションはコチラから

 

車両ローンやリボ払いをしている人は申込前になるべく完済するべし!

 

住宅ローンを申込した本人のチェック項目としては、「個人の信用情報「勤務先や勤務年数」「健康状態」「年収(所得金額)」などが上げられます。

 

個人信用情報

 

私達がクレジットカードを作ったり、借入れをしたりすると、その記録はJICC 、CIC等の個人信用情報センターに登録されます。銀行は、住宅ローンの申込みがあった場合、この個人信用情報センターにあなたの借入情報を照会します。

住宅ローン 審査

 

万一、過去に延滞や自己破産をしたことがある場合には、5年間程度はその記録が残っており、審査に通らない確率が高いでしょう。また、他の借入れがあることもわかってしまいますので、ショッピングローンやリボ払い、キャッシングなどの残高があれば正直に申し出をしておきましょう。

 

他に借入れがあるから、と言って断られてしまうとは限りません。ただし、他の借入れは、借入れできる額に影響をおよぼします。可能であれば、他の借入れはなるべく完済しておいた方が良いでしょう。

 

また、金融機関によっては、クレジットカードについているキャッシング枠も借入金とみなされることもあります。普段利用しない、不要なクレジットカードについては、可能であれば解約しておきましょう。

 

勤続3年が目安、転職組もキャリアアップなら望みあり

 

住宅ローンの審査に通りやすい2番目は、業種と勤続年数です。

 

金融機関は本人の年収の額はもちろんですが、その安定性を重視します。そのため、契約社員やフリーター等、勤務の継続性に不安があるという点から、正社員以外の借入れはなかなか難しいのが現実です。

勤続年数

 

収入額の安定性という点で、勤続年数が問われます。

 

通常は勤続3年以上が目安です。ただし、転職したばかりでも、同じ業界や業種で、キャリアアップの転職であれば、勤続年数が短くても大丈夫な場合がありますので、銀行に相談してみましょう。

 

勤務先

 

勤務先も重要です。上場している大企業であれば収入の安定性は高いと評価されますが、中小企業勤務の場合には、大企業勤務の人に比べると審査は厳しくなるでしょう。

 

ただし、中小企業勤務だからと言って、借入れができないわけではありませんので誤解の無いようにお願いします。

 

収入や借入れ金額、物件の担保評価など、あくまでも総合的に判断されます。

 

自営業の人も、事業の継続年数3年以上が目安になります。

 

自営業の場合には、特に収入の安定性が不透明なため、過去3年間の所得が審査の対象となります。毎年の所得に大きなぶれがある場合には、低い年の所得が審査の対象とされることもあるので、できる限り安定的な収入を目指しましょう。

 

>>2015年9月以降の金利傾向

 

>>効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加