2015年度住宅ローン金利市場

人気アプリゲーム


【無料】一瞬で各種住宅ローンを比較する方法

効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法を知りたくないですか?

無料シュミレーションはコチラから

 

2015年度住宅ローンの金利動向

 

日銀の国債買取が起これば、買い手が増えるために国債の価格が高くなります。  

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン 借金 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資

 

買い手が多いということは、利回りは少なくても売れるということになり、国債の金利が低くなるのです。

 

日銀の国債買入が引き続き起こるのであれば、住宅ローンの10年以上の固定金利も下がっていくことになります。

 

しかしながら、日銀は永遠に国債を買入れできるわけではありません。

 

2013年の3月には日銀の国債シェアは13%しかなかったのに対して2014年12月にはほぼ倍の24.7%にもなっています。

 

日銀がお金を発行して、そのお金で国債を借り、国の財政を支えている。

 

ということになってしまえば、「世界的に日本の国債は信用度が低く価値が低下する」ものになってしまいます。

 

国債の信用度が低く価値が低下する事になれば、買い手は減っていくので国債金利は上昇します。

 

2015年、2016年の消費税10%への増税までは、日銀は引き続き国債買入れを続けていく可能性はありますが、それ以上は現実的に限界が来るでしょう。

 

以上より、10年以上の固定金利の金利は2015年、2016年は引き続き低い水準で推移する可能性がありますが、それ以降は金利が上昇する可能性が高いのです。

 

つまり、10以上の固定金利で住宅ローンを組むなら、2015年がベストタイミングと言って良いでしょう

 

>>住宅ローンの選び方次第で大きく金額が変わる

 

>>効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加