2015年9月以降の金利傾向

人気アプリゲーム


【無料】一瞬で各種住宅ローンを比較する方法

効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法を知りたくないですか?

無料シュミレーションはコチラから

 

9月度の金利傾向

 

2015年度の金利の動向をみると、3月、4月、6月、7月と金利は少しずつ上昇していましたが、8月になって3ヶ月ぶりに金利が低下しました。  

2015年9月以降の金利傾向

 

1ヶ月前の7月の時点で0.46%だったのが、2015年8月18日時点で長期金利は0.385%低下しています。

 

おそらく9月以降も金利が上昇する可能性は低いと思われます。

 

なぜなら、今日銀が2%のインフレ目標達成に向けて必死であるため、目標達成するために追加金融緩和策を発表するタイミングを狙っているからです。

 

金融緩和が拡大されれば今よりも金利が下がるのは明確です。

 

以上から日銀が金融緩和策のタイミングを図っている間は金利が大きく上昇することはないです。

2015年9月以降の金利傾向

 

よって住宅ローンを検討してる方や、借り換えを検討している方は今が一番のタイミングだと思います。

 

気になるのはこの低金利がいつまで続くのだろうかという疑問点ですが、少なくとも消費税増税までは続くと言われています。

 

もしこのタイミングを逃すと、次に金利が上昇するときは、一気に3倍〜4倍に上昇するのでは無いかと言われています。

 

何故なら、前回の景気回復時の2003年〜2006年の金利動向を見ると、長期金利が0.5%前後という当時過去最低金利まで下がったのち、その後は1.5%近くまで金利が一気に上昇したからです。

 

繰り返しになりますが、こうした点からも今が住宅ローンの借入や、借り換えの絶好のタイミングであることは間違いないと思います。

 

>>一括見積もりサイトを活用するメリット・デメリット

 

>>効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加