住宅ローンの選び方次第で大きく金額が変わる

人気アプリゲーム


【無料】一瞬で各種住宅ローンを比較する方法

効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法を知りたくないですか?

無料シュミレーションはコチラから

 

各社住宅ローンの選び方次第で大きく金額が変わる

 

住宅ローンは 「総支払額」と「毎月の返済額」の金利によって大きく変わってきます。
そしてもうひとつ返済額を左右する重要なポイントがあります。

 

その重要なポイントは「返済期間」です。返済期間を長くするほど月々の返済額は減りますが、支払利息を払う期間が長くなるので 総返済額が大きくなります。

 

逆に返済期間を短くするほど、月々の負担は大きくなりますが、その分支払利息を払う期間が減るため総返済額は少なく済みます。

 

例えば下記の図より10年の返済期間と35年の返済では、驚く事に861万も支払い総額(支払い利息)の差が出ます。

 

当初借入額3000万円

 

返済期間による総返済額と利息の違い

 

住宅ローンの選び方次第で大きく金額が変わる

 

返済期間が違うだけで「総支払額」と「毎月の返済額」は、かなり違ってきます。

 

返済期間を短くして総支払額が抑えるのが一番ですが、月々の負担が大きくなりすぎて、返済が滞るようでは問題です。返済不能に陥ってせっかくのマイホームを手放してしまう可能性もあります。

 

そこででおすすめなのは、なるべく長い期間で借入をして、月々の返済額を抑えた上で、定期的に繰り上げ返済することで返済期間短縮を行い支払金利を少なくする方法です。

 

返済期間は短い方が良いのだけれども、どのくらい毎月の返済が継続し続けられるのか?がわからないという方がほとんどだと思いますが、その場合には余裕があるときだけ多めに返済して返済期間を短縮することができる繰り上げ返済を活用するのがおすすめの方法なのです。

 

繰り上げ返済を計画的に行うのなら手数料が安いネット銀行の住宅ローンを選んだ方が良いでしょう。

 

ネット上で多額の取引をすることに不安を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、 銀行もセキュリティを強化して、安心して利用できるようになっています。

 

そしてネット銀行の最大の魅力は金利が安くなる、繰り上げ返済手数料が無料になるなど、利用者にとって魅力的なサービスが多々あります。

 



 

>>住宅ローンお申込み前の必要書類

 

>>効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加