住宅ローン返済計画のポイント

人気アプリゲーム


【無料】一瞬で各種住宅ローンを比較する方法

効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法を知りたくないですか?

無料シュミレーションはコチラから

 

住宅ローン返済計画のポイント

 

住宅ローンを組む際、完済までの返済計画を立てる事は非常に重要です。 

住宅 住宅ローン 家 ハウス ローン 借金 住まい 通帳 不動産 返済 借り入れ 融資

 

 

なぜなら住宅ローンの返済期間は最低でも数年〜何十年と長期に渡って支払いし続ける為、今の収入で十分に返済が出来たとしても将来収入が減少したり、子供の教育費が発生したりと住宅ローン以外のさまざまな支払いが重なる為、しっかりと返済計画を立てましょう。

 

住宅ローン返済計画を立てる上で確認しておきたいポイントが2点あります。

 

住宅ローンを返済した上で、「家計は黒字をキープ出来ているか」

 

毎月の家計収支が黒字ということは、収入の範囲内で生活費やその他の支出に収まっていると言うことですので家計収支が常に黒字であれば、まず問題はないでしょう。

 

ここで言う家計の黒字 とは、住宅購入後に支払いが来る固定資産税や修繕費も考慮しなければなりません。またお子様が将来的に大学進学したときの事も想定しなくてはなりません、大学に掛かる費用は1人当たり少なくとも年間平均100万円以上の出費となります。

 

また下宿や留学、浪人、留年、大学院進学などがあったりすると出費はそれ以上になってきます。

 

よって将来の出費も想定した上での家計の黒字化が出来るよう計画を立てる事が重要なんです。

 

住宅ローンは「定年前に完済出来るよう組むこと」

 

住宅ローンを検討する際、月々の返済金額の安さから、安易に最長の35年ローンを組む人が意外に多いのです。

 

確かに月々の返済金額が安ければ家計への負担も軽くなるので良いと思うかもしれませんが、案外見落としているのが定年後も返済期間があると言う事です。

 

支給年齢の高齢化や、支給額減額の傾向があることを考えると、老後の生活資金についても準備をしておく必要がありますので、住宅ローンの返済がプラスとなると相当キツイのではないでしょうか。

 

よって住宅ローンは定年前に完済出来る返済計画を立てましょう。

 

>>住宅ローン審査について

 

>>効果的に住宅ローンを比較して数百万も安くした方法はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加